FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労務単価、大幅引き上げ

新年度が始まり、しばらく経ちましたが、
我らが測量業界に、新人さんはどれ位いるのでしょうか。

今年度、国交省の労務単価が大幅に引き上げられています。
10年前の水準だそうです。久々に明るい話題です。
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo14_hh_000354.html

参考資料によると、単価設定のポイントとして以下が挙げられています。
http://www.mlit.go.jp/common/000993051.pdf

①技能労働者の減少等に伴う労働市場の実勢価格を適切に反映
②社会保険への加入徹底の観点から、必要な法定福利費相当額を反映
③被災地等の入札不調の増加に応じ機動的に単価を引き上げるよう措置

神奈川県も上がりました。測量技術者の単価は、全体としてはあまり変わらずでしょうか。
http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/574413.pdf
http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/574415.pdf

普通作業員 :17,700(前年比23%増)
特殊作業員 :20,900( 〃 18%増)

測量主任技師:31,600(前年比 1%増)
測量技師  :25,700(前年と同じ)
測量技師補 :22,400(前年比 3.7%増)
測量助手  :20,300( 〃  3.8%減)

これにより、ダンピング受注に歯止めがかけられ、
就労環境が改善され、賃金に適切に反映されるといいですね。

測量業界においては、若い人達にとって魅力のある業界となり、
技術が継承され、業界全体の発展に繋がってほしいものです。

日本が20年苦しんできたデフレ脱却に向け、超微力ながら弊社も
何かの形で貢献したいところであります。

ちなみに、弊社は社会保険にはバッチリ加入しておりますので…(^-^)v

スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。