スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金星の太陽面通過を観測(相模原)

5月の金環日食に続いての天文ショーです。

今日6月6日、7時10分から13時47分までの間、
金星が太陽面通過するということで、私どもはお昼休みに、
測量の器械を用いて観測することにしました。

携帯で空を撮影。雨は上がり、曇り空。

金星01

太陽観測用のフィルターを付けた器械を据え、雲が取れるのを待ちます。

金星02

12時40分ごろ、何分間か太陽が現れ、太陽に比べてかなり小さな金星を観測することができました。
ものすごく簡単なスケッチです。

DSC_0034.jpg

ちなみに私は目がいいので、太陽観測用のフィルターのみの肉眼でも金星を見ることができました。
聞くところによると、次は105年半後だそうです。幼い我が子でも、再び見ることはないなあ。。

以下、ご参考までに。日面経過のしくみについても書かれています。
2012年のおもな天文現象(国立天文台ホームページ)

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。