FC2ブログ

御用納め。そして……

本年も大変お世話になり有難うごさいました。
皆さま良いお年をお迎えくださいませ✩.*˚

15774333530.jpeg


スポンサーサイト



山梨県立リニア見学センターへ行ってきました!

季節は晩秋から初冬へ移り変わっていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

先日、調査士会の支部研修旅行で山梨県都留市にある「山梨県立リニア見学センター」内の
「どきどきリニア館」を見学してきました。

DSC_0243_R.jpg

リニアに用いられている最先端の技術を体感できる施設で、橋本駅付近のリニア駅の測量に
弊社も携わっておりますので、非常に楽しみにして訪問いたしました。

まず1階には試験車両(MLX01-2)の実物の展示があり(写真は説明文)、

DSC_0245_R.jpg

2階には超電導リニアのしくみを体験する展示がいくつかありました。

DSC_0249_R.jpg

DSC_0250_R.jpg

なかでも「超電導ラボ」では超電導コースターの実験を実演して、超電導体の特性を
実際に目で見て確認することができ、高速でスムーズに走る様にとても驚きました。

DSC_0251_R.jpg

夢の乗り物と思っていたリニアですが、実現のときは刻一刻と近づいています。

測量実務者研修

10月4日に行われた測量実務者研修に参加してきました。
この研修は相模原市測量事業協同組合が市の土木職の皆様向けに
毎年行っているもので、今年で6回目になります。

研修1

研修2

皆さんとても真剣に聴いておられる様子が印象的でした。

サザエPARTY

一足遅い暑気払い…?
佐渡から届いたサザエを囲んで乾杯!

サザエ


サザエ2

チームワークが成し遂げるミッション《はやぶさ~はやぶさ2へ》

7月7日、七夕の日の午後のことです。

たまに車で前を通るたび、敷地を囲むフェンスにかけられた宇宙にかかわる大きな横長パネルが非常に気になり、とうとう道路向かいの相模原博物館の駐車場へこっそり車を止めさせていただいて、パネルを見に行きました。

JAXA正門

その敷地の中は、JAXA 相模原キャンパス。

外構フェンスに設置されたパネル1

外構フェンスに設置されたパネル2

ちゃんと〈イトカワ〉や〈リュウグウ〉も描かれています

物好きにも、数十枚のパネルをすべてカメラに収め、一通り満足したので帰ろうとしたところ、家族連れが正門から敷地内に入って行くではありませんか!?
中へは年に一度の一般公開の特別な日以外は関係者でなければは立ち入ることができないはずなのですが・・・。

守衛さんに聞いてみると、「展示コーナーでしたら無料で入場できますよ!」と。
ラッキー!

うっそうとした樹々を通り抜けたそこには ロケットが!
実物大のものが横たわっていました。

入場無料の展示室

さて、展示物の有るらしい建物を見つけ 中へ入ると、映画「はやぶさ」に関わるものが入口のすぐのところに、そして、劇的なニュースとなった はやぶさで帰還したカプセル(これだけは撮影禁止でした)など、その他専門的なものがたくさん展示してありました。

ギネスブックに掲載された記事

映画「はやぶさ」の監督や俳優の色紙1

映画「はやぶさ」の監督や俳優の色紙2

映画「はやぶさ」に出演した俳優の名刺

会場に来ていたファミリーで、子供が親に「これは何をするものなの?」と質問している姿をあちこちで見かけましたが、私もさることながら、質問を浴びせられた親としては ほとんど理解に苦しむものばかりのため、子供への説明も、なんだかあやしいものとなっていました(笑)

現在この敷地内にある管制室では《はやぶさ 2》にコマンドを送り、着陸成功を目指して準備体制を整えているとの事でした。

リュウグウの画像

リュウグウに『到着』した事実の記者発表資料

一通り わかってもわからなくても展示内容に目を通し、出口に近づいたあたり、 1枚の感動的な写真が目にとまりました。

そこには、はやぶさ 2 の『リュウグウ到着』を喜ぶ大勢のミッションスタッフの姿が!

管制室に響く歓声が聴こえてきそう!

向かって右端の最前列(パソコンの後ろ)に、はやぶさ 2 のミッションマネージャーである吉川 真氏が、さらに食い入るように目をこらして見渡した中に、それも 放射状に集合しているスタッフの中心位置に、はやぶさ(初代)のプロジェクトマネージャーを務めた 川口教授の姿が!
本当に満足された幸せそうな表情で写っていらっしゃいました。

日本の 世界に誇るチームワークで、はやぶさ2のミッションが成功するよう祈るばかりです。
今後の動向に注目です。